詳しい内容はこちら
お問い合わせ

11月16日、某大手不動産会社様にて新人社員様を対象
に売買営業研修を行いました。(参加人数18名)

■売買営業研修(11日目)
 ロールプレイ研修:売主様との初回面談(査定報告)

【K様】
当社の売却サービス、サポートを丁寧に説明すること
が専任をもらうには重要であり、その為には他社の類
似サービスと比較し、差別化する必要があると思った。

【Y様】
価格設定の根拠を明確に説明するための資料や説明力
を身に付けること、また価格を算出する方法を土地価
格からも考慮することを学んでいきたいと思います。

【A様】
周りのメンバーから言葉遣いについて指摘があったの
で直ちに改善します。

【A様】
臨機応変に対応できるように、様々な角度からの資料
を用意できるようツールを集め、知識を身に付けます。

【K様】
マーケットの説明をする為に用意した資料が不足して
いると感じた。また実践ではもっと噛み砕いて説明で
きるようにします。

【K様】
買い替え希望のお客様に対して、売先行で決まってし
まった場合、どのような対応をするか知っておく必要
があると感じました。

【T様】
新人であるというハンディをカバーするためには資料
の準備と知識で若手でも勉強していて安心して任せら
れると思ってもらうしかないと思いました。

【H様】
査定対象周辺のマンション事例をただ収集するだけで
なく、売出価格の着地点を意識しながら査定報告書を
作成しなければならないと感じた。

【I様】
資料は十分な程用意し準備する事で営業自身の確認だ
けでなく、売主との信頼の構築にも繋がるため必要だ
と感じた。

【K様】
ロープレでは話す順番を考えて臨みましたが、実際現
場では相手の様子を見ながら臨機応変に対応する事を
意識しなければならないと思いました。

【M様】
先に査定書を見せるのか、売却の流れを説明するのか、
お客様が何を不安に思っているのか把握して話の流れ
を決めます。

【M様】
ベクトルを相手に向け、自己満足の接客で終わらない
ようにします。

本日も長時間お疲れ様でした。
今期も補講を含め、全11回の研修にご参加をいただき
まして有難うございました。
皆様の益々のご活躍を心よりお祈りしております。