詳しい内容はこちら
お問い合わせ
ニュース

国交省:平成27年2月の住宅着工の動向について

(持家)
前年同月比では13か月連続の減少(前年同月比9.1%減、季節調整値の前月比では4.6%増)。

(貸家)
前年同月比では8か月連続の減少(前年同月比7.5%減、季節調整値の前月比では5.8%増)。

(分譲住宅)
前年同月比では4か月ぶりの増加(前年同月比11.2%増、季節調整値の前月比では0.7%増)。

(分譲マンション)
前年同月比では3か月ぶりの増加(前年同月比23.3%増)。

(分譲一戸建住宅)
前年同月比では10か月連続の減少(前年同月比0.2%減)。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓↓↓
平成27年2月の住宅着工の動向について

ニュース

国交省:「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル 報告書」のとりまとめについて

本報告書においては、
[1]建物評価の改善と市場への定着
[2]良質な住宅ストックの形成とその流通を促進するための環境整備
[3]中古住宅市場活性化に資する金融面の取組
[4]戸建て賃貸住宅市場の活性化
[5]地域政策との連携
を柱に、2箇年度におけるラウンドテーブルの議論をまとめています。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓↓↓
中古住宅市場活性化ラウンドテーブル報告書

ニュース映像教材

研修DVD販売のご案内:オーナーから見た頼れる賃貸営業パーソンとは?

当社特別講師の高塚文彦氏(株式会社B-PLANNING 代表取締役)の研修DVDのご案内です。

DVD#1イメージ(高塚氏) _hp

DVDでは、オーナーの立場から、満室経営に向けた取り組み・工夫を紹介。
経営感覚を持ったオーナーが増加する中、賃貸営業パーソンに必要な「頼りになる」ポイントとは何か?事例を交えてお話しいただいています。

①現在主流のオーナー(高齢層から新しい価値観の世代へ)
②ビジネスの話が通じない!(オーナーとの話にビジネス会話は不要?)
③コンセプトとプロデュース(入居者を見据えた物件磨き)
④オーナー世代交代で求められる対応も変わる?(経営感覚を持ったオーナーとどう向き合うか)
⑤資産価値を維持するための提案(安易な賃料改定は自分たちも苦しむ)
⑥コンセプトから広げるソフト面(ハードを活かすためのソフトとは?)
⑦近い将来のオーナー像は?(経営感覚を持ったオーナー増加にどう対処していくか)

詳しくはこちらから。サンプル映像もご覧いただけます。
 ↓↓↓↓↓
研修DVD:オーナーから見た頼れる賃貸営業パーソンとは?

ニュース

国交省:不動産価格指数及び 不動産取引件数・面積(住宅)(平成 26 年 12 月分)

平成26年12月分の不動産価格指数(住宅)のうち、マンション指数(全国)は115.8で、対前年同月比は+4.0%の上昇となり、2013年3月分より22か月連続でのプラス。
住宅総合(全国)は102.5で、対前年同月比は+1.2%の上昇。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓↓↓
不動産価格指数及び 不動産取引件数・面積(住宅)(平成 26 年 12 月分)

ニュース

国交省:個人住宅の賃貸流通の促進に関する調査報告

国交省から通称「DIY型賃貸借の活用」についての調査報告がなされました。

個人の所有する住宅につき賃貸住宅としての流通を促進することを目的として、平成25年度に「個人住宅の賃貸流通を促進するための指針(ガイドライン)」をとりまとめ、貸主が修繕を行わず借主が自費で修繕やDIYを行う借主負担型の賃貸借契約に係る指針を整備したところです。

一方、借主の意向を反映した改修を行う賃貸借契約(DIY型賃貸借)については、以下の有用性や課題が考えられます。
・自分好みの設備設置や模様替えを実施できることは、借主にとっては居住の快適性の確保、貸主にとっては長期契約への契機となり、既存ストックの有効活用につながること
・大規模な改修の場合、借主個人での工事資金調達は困難な場合があること
・賃貸の新しい契約類型であり一般的普及のために考え方を整理する必要があること

このため、実際の事業を調査するとともに、DIY型賃貸借を活用するにあたり、資金調達の方法や協議・合意すべき内容についての考え方を整理し、報告書としてとりまとめましたので、公表いたします。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓↓↓
個人住宅の賃貸流通の促進に関する調査報告

ニュース

平成27年版「住まいの税金ガイド」販売開始のご案内

毎年ご好評頂いております、住宅税制をやさしく詳しく解説した平成27年度版「住まいの税金ガイド」の販売を開始いたします。

同ガイドは、税理士の中村節弥氏(Goma Books「税金はこれで安くなる」ほかの著者)が執筆を担当。住まいの購入・売却から所有および賃借するとき、また、中古住宅の購入・買い換え、賃貸住宅等建設時の優遇税制など、住宅・不動産税制を詳しく解説しています。ケーススタディやQ&Aを多数取り入れたわかりやすい内容となっており、営業ツールやセミナーの際の資料として活用いただけます。

☆大手不動産会社様、ハウスメーカー様をはじめ、多数の会社で営業に利用されています。
☆10部からご注文いただけます。
☆研修のご依頼をいただいている会社様へは特別価格で提供いたします。

───────────────────────────
平成27年 税制改正のポイント
1 住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置等の延長・拡充
2 住宅ローン減税、すまい給付金等の適用時期の延伸
3 買取再販で扱われる住宅の取得に係る特例措置の創設
4 空家の除却等を促進するための土地に係る固定資産税等に関する所要の措置
5 サービス付き高齢者向け住宅供給促進税制の延長
6 住宅用家屋の所有権の保存登記等に係る特例措置の延長
7 特定の事業用資産の買換えの場合の譲渡所得の課税の特例措置の延長
8 土地に係る固定資産税の負担調整措置等の延長
9 土地等に係る不動産取得税、登録免許税等の特例措置の延長
───────────────────────────
完成納品は5月後半の予定です。

お申込書はこちらから(ホームページからの申込みフォームは準備中です。しばらくお待ちください)
 ↓↓↓↓↓
H27年版「すまいの税金ガイド」のご案内

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福島県某社様】

3月16日、福島県の不動産会社様
売買実務研修を行いました。
(参加人数2名)

■売買営業研修(物件調査③)

【K様】
重説作成は作業では無く信義誠実義務であると改
めて認識しました。調査について現状だけでなく
将来に渡り再建築や増設を前提に調査し説明する
という点の認識が低かったと反省しています。

【S様】
共同担保目録は今まで土地、建物がセットと思っ
てました。中にはそうでないケースもあり、調べ
ない事は非常に怖い事だと思いました。調査する
事でトラブルを防ぐ事になるので調査を怠らない
ようにします。

皆様本日も研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いします。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福島県某社様】

3月14日、福島県の不動産会社様研修
賃貸研修を行いました。
(参加者2名様)3回目

■仲介営業に必要な共同住宅の基礎知識①

【M様】
賃貸でも平米単価を出して比較していただいたり
、奥行き2m以下のベランダは容積に含まれない
など知ることができました。平米単価を計算して
いきます。

【N様】
アパート、マンションの知識が全然ない事を痛感
しました。住宅の事をもっと良く調べて、お客様
に提案して誘導できるようになります。まず、建
築図面を良く見るようにします。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いします。

ニュース

日本RSP協会:不動産仲介士103名が新しく登録

当社が業務提携をしているNPO法人日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会の認定資格「不動産仲介士」。

昨年12月4日に実施された第14回「不動産仲介士」試験の合格者のなかから、新たに103名の「不動産仲介士」が登録されました。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓↓↓
日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会「不動産仲介士」

1 2