詳しい内容はこちら
お問い合わせ
ニュース

Eラーニング システムメンテナンスのご案内

●メンテナンスの概要
Eラーニングのシステム更新に伴い、下記の時間帯はご利用いただけなくなります。
・2022年2月27日(日) AM 06:00~AM 08:00

●メンテナンス中は、「現在メンテナンス中である」という旨のメッセージが表示されます。メンテナンス終了後は、通常通りアクセスできるようになります。

利用者の皆様にはご面倒をおかけいたします。
何とぞご了承いただけますようお願い致します。

Eラーニングニュース

新しいEラーニング「営業が知っておきたい家相の知識」のご案内

新しいEラーニングのご案内です。

■営業マンが知っておきたい家相の知識
担当講師:株式会社ウィン・セールスコンサルティング_鈴木社長
※「6.営業に必要な建築知識」のカテゴリーに掲載されています。
RIAコア・ブレインズ/Eラーニング

サンプル映像はこちらから。
 ↓↓↓
営業マンが知っておきたい家相の知識

ニュース

アットホーム様:2021年11月 全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」募集家賃動向

・マンションの平均募集家賃は、前年同月比上昇率トップ3 に東京都下・神奈川県が全面積帯でランクインするなど首都圏エリアの上昇が目立つ。しかし、東京23区ではシングル向き・カップル向きで2020年初旬から下落基調が続く。
・大型ファミリー向きマンションは上昇率が大きく、全9エリア中5エリア(東京23区・東京都下・埼玉県・千葉県・大阪市)で2015年1月以降最高値を更新。
・アパートは、東京都下・神奈川県・埼玉県・千葉県・福岡市が全面積帯で前年同月を上回る。特に神奈川県では、全面積帯で過去最高値を更新した。

詳しくはこちら。
 ↓↓↓
2021年11月 全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」募集家賃動向

ニュース

不動産経済研究所様:新築分譲マンション市場動向(2021年11月)

1)首都圏
〇発売は95.4%増の5,452戸と大幅増。大規模物件が牽引。
〇契約率は21.8Pアップの79.9%と8割に迫る。
〇平均価格は3.4%上昇の6,123万円、㎡単価は3.5%下落の87.1万円。
※詳しくはこちらから。
首都圏の新築分譲マンション市場動向(2021年11月)

2)近畿圏
〇発売は30.4%増の2,099戸。2カ月連続で前年同月を上回る。
〇戸当り価格、㎡単価ともに3割超の大幅上昇で、1991年8月以来の高水準。
〇契約率は65.6%と低調。70%割れは4カ月連続
※詳しくはこちらから。
近畿圏の新築分譲マンション市場動向(2021年11月)

ニュース

指定流通機構の物件動向(令和3年11月)

1)全国の既存マンションの状況
令和3年11月の全国の既存マンションの成約価格は前年同月比で4.94%上昇、成約㎡単価は7.65%上昇し、ともに18ヶ月連続してプラス。
契約件数は前年同月比で5ヶ月連続してマイナスとなった。

2)全国の既存住宅の状況
令和3年11月の全国の既存戸建住宅の成約価格は前年同月比で17ヶ月連続してプラス。
契約件数は前年同月比で5ヶ月連続してマイナスとなった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
指定流通機構の物件動向(令和3年11月)

ニュース

【フラット35】1月資金受取分の借入金利

■今月の金利水準(新機構団信付き)■

◎融資率9割以下の場合
 借入期間が21年以上35年以下の場合の金利幅:年1.300%~年2.210%
  (取扱金融機関が提供する最も多い金利:年1.300%)
借入期間が20年以下の場合の金利幅:年1.180%~年2.090%
(取扱金融機関が提供する最も多い金利:年1.180%)

◎融資率9割超の場合
 借入期間が21年以上35年以下の場合の金利幅:年1.560%~年2.470%
  (取扱金融機関が提供する最も多い金利:年1.560%)
借入期間が20年以下の場合の金利幅:年1.440%~年2.350%
(取扱金融機関が提供する最も多い金利:年1.440%)

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
フラット35

ニュース

既存住宅販売量指数(令和3年9月分)

○令和3年9月分の同指数は、合計・季節調整値は前月比0.7%減の107.0(前年同月比3.7%減)、
 30㎡未満除く合計・季節調整値は前月比0.9%減の101.1(前年同月比4.3%減)
○戸建住宅の季節調整値は前月比1.1%減の107.1、マンションの季節調整値は前月比0.3%減の
 105.6、30㎡未満除くマンションの季節調整値は前月比0.8%減の92.6
※2010 年平均=100 各数値は速報値

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
既存住宅販売量指数(令和3年9月分)

ニュース

不動産価格指数(令和3年9月・令和3年第3四半期分)

1)不動産価格指数(住宅)(令和3年9月分・季節調整値)
 ○ 全国の住宅総合は前月比0.6%減の122.5
 ○ 住宅地は104.2、戸建住宅は107.7、マンション(区分所有)は170.1
  (対前月比はそれぞれ、4.6%減、0.2%減、0.8%増)

(2)不動産価格指数(商業用不動産)(令和3年第3四半期分・季節調整値)
 ○ 全国の商業用不動産総合は前期比1.5%増の125.3
 ○ 店舗は142.1、オフィスは147.1、マンション・アパート(一棟)は144.2
  (対前期比はそれぞれ、1.6%減、5.0%増、0.2%増)

※2010 年平均=100

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
不動産価格指数(令和3年9月・令和3年第3四半期分)

1 2 3 98 99