詳しい内容はこちら
お問い合わせ
ニュース

国交省:不動産価格指数(平成30年7月・第2四半期分)の公表

今回の公表分のポイントは以下のとおりです。

(1)不動産価格指数(住宅)(平成30年7月分)
 ・平成30年7月分の全国の住宅総合は113.1(先月:112.0)
 ・住宅地は104.6(先月:101.1)、戸建住宅は101.8(先月:102.3)、
  マンション(区分所有)は141.1(先月:141.9)

(2)不動産価格指数(商業用不動産)(平成30年第2四半期分)
 ・平成30年第2四半期分の全国の商業用不動産総合は123.2
  (前四半期:123.6)
 ・店舗は136.2(前四半期:138.1)、オフィスは134.5
  (前四半期:136.4)、
  マンション・アパート(一棟)は133.8(前四半期:136.0)

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
不動産価格指数(平成30年7月・第2四半期分)

ニュース

国交省:平成30年9月の住宅着工の動向

・ 平成30年9月の住宅着工戸数は81,903戸で、前年同月比で1.5%減となった。また、季節調整済年率換算値では94.3万戸(前月比1.6%減)となった。
・ 住宅着工の動向については、前年同月比で先月の増加から再びの減少となっており、利用関係別にみると、前年同月比で持家、貸家は減、分譲住宅は増となった。

(持家)前年同月比では3か月ぶりの減少(前年同月比0.0%減、季節調整値の前月比では1.6%増)。
(貸家)前年同月比では先月の増加から再びの減少(前年同月比5.8%減、季節調整値の前月比では4.6%減)。
(分譲住宅)前年同月比では2か月連続の増加(前年同月比4.3%増、季節調整値の前月比では0.8%増)。
 ・分譲マンション:前年同月比では2か月連続の増加(前年同月比3.5%増)。
 ・分譲一戸建住宅:前年同月比では6か月連続の増加(前年同月比4.7%増)。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
平成30年9月の住宅着工の動向

実務研修開催報告

実務研修開催報告【熊本県某不動産会社様_売買営業研修/1回目】

10月30日、熊本県の某社様にて売買営業研修を
行いました。(参加者7名様)

■売買営業研修(1回目)
 ①不動産スキルチェック
 ②不動産マインドチェック
 ③仲介営業に必要な物件とエリアの知識

【N様】
業界に入って半年がたち、今日は普段やっている
事の目的や理由を再確認することができました。

【M様】
担当としてのプライドと自覚が足りないと感じま
した。新人だから分からないという考えを捨て、
毎日の収穫を忘れずメモし、アウトプットし成長
に繋げていきます。

【M様】
物件を売りたいお客様、買いたいお客様はそれぞ
れ思いや不安な所も多くあると思いますので、気
持ちも汲取れるようになります。

【S様】
一番重要だと思った項目は「理由」を聞くことと
目的を持った「質問」を行なうことでした。何気
なく質問をしている事があるので今後は意識をし
て行います。

【M様】
案内や人と接触する前には「段取り8分」を思い
出して、下見、近隣状況や情報を隅々まで把握し
てから臨むように活動します。

【M様】
その時代の背景や状況に敏感になることでいち早
く行動することが出来、お客様に満足して頂ける
と感じました。

【S様】
不動産のこと以外にも金融や株式等もマーケット
に影響を与えていますので、情報のチャンネルを
増やします。

皆様、本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【熊本県某不動産会社様_管理職研修/1回目】

10月29日、熊本県の某不動産会社様にて管理職研修を
開催いたしました。(6名様)

■管理職研修(1回目):新人育成プログラム①

【K様】
教育は大切だという事は認識していましたが、目的を
明確にしてから逆算するという考え方がありませんで
した。次回へ向けて考えます。

【N様】
昨年の研修で学んだ内容で、すっぽりと抜けてしまっ
ていることが多くありました。再度学び直します。、

【A様】
目線を落とすこと、かみ砕いて具体的な指示を出すこ
と。理解していますが、実際に行うのは難しい。

【K様】
教育プロジェクトのリーダを拝命しましたが、何をす
ればいいか分からない状態が続いていました。
今日のディスカッションですべきことが見えてきまし
た。

今月から7回シリーズの研修が始まりました。
昨年につづき、今回もよろしくお願い致します。
今回は「成果物」が求められています。
知恵を出し合い、社風にあったものにしていきましょ
うね。

ニュース

国交省:サブリース契約に関するトラブルにご注意ください!

国土交通省では、金融庁及び消費者庁と連携し、最近の投資用不動産向け融資に関するトラブル等を踏まえ、サブリース契約を検討されている方及びサブリース住宅に入居する方に対する注意喚起のため、アパート等のサブリース契約に関連する注意点等を改めて作成しましたので、お知らせいたします。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
サブリース契約に関するトラブルにご注意ください! ~トラブルの防止に向けて金融庁・消費者庁と連携~

実務研修開催報告

実務研修開催報告【某大手不動産会社様_新卒社員研修/24回目】

10月25日、某大手不動産会社様の新卒社員研修を開催
いたしました。(78名様)

■10月度_全体研修
 ①売買仲介に必要な賃貸仲介・管理の基礎知識
 ②トラブルの共有と防止
 ③成功事例の共有
 ④11月の課題 ほか

宅建の試験も終わり、本格的な営業がスタートです。
2年目に向けての経験を積み重ねていきましょう。

※本研修にレポート提出はございません。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【静岡県2社合同売買研修/10回目】

10月22日、静岡県にて2社合同の売買営業研修を行い
ました。(参加人数11名)

■売買仲介営業研修(10回目/最終回)
 ①仲介営業に必要な建物・建物の基礎知識
 ②理解度確認テスト

【S様】
地盤、液状化、がけ条例等仲介営業としてお客様に直
接聞かれることがある内容を多く学ぶことができまし
た。

【O様】
一つ一つの建築に関する事もそうですが、一番はお客
様に伝えるための言い回しが本当に参考になりました。

【K様】
私自身建築士を持っているので、案内でお客様から聞
かれやすいので今日の内容はしっかり覚えて伝える事
ができるようにします。

【S様】
建築知識は苦手としていたが、私たち仲介側からも基
本的な建築知識は答えられるようになっておいた方が
良いと気が付く事ができた。

【O様】
今回の研修内容を新人とともに振り返り、信頼できる
営業マンを増やしていきます。

【K様】
営業トークとして使えそうな内容や材料が多く、会社
に戻り口上を考えたい。

【H様】
構造についてもメリット、デメリットを学ぶ事でお客
様に聞かれた時に完璧ではなくとも、ちゃんと返しが
出来る営業マンになるため復習して知識にします。

【S様】
建築の知識だけでなく仲介営業としての口上も得られ
た。

【K様】
建築知識は直接関係ないと思いきや、自分の営業トー
クに使える話が数多くあり、実践していきます。

【S様】
耐震性や耐火性など今までは具体的に調べたことがな
かったのでとても勉強になりました。

【M様】
私はマンション担当ですが、戸建に要望が変わる方も
いますので、アウトプットの成果を発揮させて頂きま
す。

皆様、全10回の研修を受講いただきまして有難うござ
いました。
ますますのご活躍を心よりお祈りしております。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【愛知県県某社様_物件調査研修2/2】

10月18日、愛知県某社様にて物件調査の研修を
開催いたしました。(参加者6名様)

■物件調査研修2/2

【H様】
今後は、より自分自身でやれることを増やし、
新しい分野へ挑戦します。

【O様】
売買案件は多々あるので、まずは頂いた資料を
基に役所の調査など行い、今期中に一人で決済
までできるようになります。

【M様】
本日を機会に売買についてだけでなく、経営や
マネージメントなど様々な知識を得ることが責
任だと思いますので、日々勉強します。

皆様本日は長時間お疲れ様でした。
受講有難うございます。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【愛知県県某社様_物件調査研修1/2】

10月17日、愛知県某社様にて物件調査の研修を
開催いたしました。(参加者7名様)

■物件調査研修1/2

【I様】
実務の中で使える、試してみたいと思いました。
新たなビジネスチャンスが見つけられるよう学
んだ事を活かします。

【S様】
日々の中で様々なビジネスチャンスがあること
を改めて気付く事ができたので、新しい案件が
生まれる様に動きます。

【H様】
オーナー様や、お客様に対し幅広い提案が出来
る様にし、また部下にも教えられるようにしま
す。

皆様本日は長時間お疲れ様でした。
明日もよろしくお願い致します。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福島県2社合同売買営業研修/6回目】

10月15日、福島県にて2社合同の売買営業研修
を開催いたしました。
(参加者10名様)

■売買営業研修(6回目)
 ①資金計画演習
 ②物件調査
 
【K様】
調査が不十分であったり、誤った調査をした際
のトラブルリスクを感じ、調査への向き合い方
を改める必要があると感じました。

【N様】
今回の内容は個人の営業としてだけではなく、
会社にも大きな影響を与えてしまう事でしたの
で、なんとなく知って置くということではなく
実践できるように落とし込みます。

【H様】
日々行っている役調や物件調査、現在流れ作業
になっている部分があったので、曖昧な調査だ
とトラブルやリスクに繋がることを再確認でき
ました。

【A様】
もやっとした質問にはもやっとした解答しか頂
けないので先ずは自信が物件を出来る限り調査
し、公的な答えを取得しにいきます。

【K様】
入社したばかりで、調査は経験がありませんが、
もとにかく頭に叩き込み「これのことか」と理
解できるようにしておきます。

【H様】
物件一つ一つ何があるか分からないので出来る
限り情報や資料は集めておかなければならず、
正しい情報をお伝えする事で信頼を得ることに
繋がると思いました。

【M様】
資料もとても分かり易くこれからわからない事
があった時や調査するとき大変重宝するなと思
いました。

【K様】
道路の幅員等も台帳にある数字ばかり気にかけ
ていたので現況と差異があった場合も気を付け
て調査します。

【I様】
これまで現地調査の際に道路幅員の測り方など
迷うことがあったのですが、これからは正しく
測る事で出来そうです。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

1 2 3