詳しい内容はこちら
お問い合わせ

6月11日、福岡県の不動産会社様研修にて、
売買仲介実務研修を開催いたしました。
(参加者18名様) 

■売買営業力強化研修(4回目)
 ①仲介営業に必要な建築・建物の基礎知識(後半)
 ②仲介営業に必要なマンション仕様・設備の基礎
  知識(前半)

 
【M様】
設備や周辺環境等今まで通りチェックをしますが、
認識や意思の相違でトラブルが生じてしまうのだと
改めて感じましたので、安易に回答せず、何事も疑
問を持ってお客様への質問に誠意を持って対応して
いきます。

【K様】
仕様は家族によって適しているものの見極め方など
勉強になりました。お客様にとってどの居室どの設
備が合うのかヒアリングを行いながらアウトプット
していきます。

【H様】
物件の良し悪しを発見し、生かす方法や他の物件を
進めたいときの比較対象とする方法など、お客様と
接する際のイメージを持つことを意識しなければな
らないと感じました。

【K様】
新築時にこだわった所や費用をかけた所をヒアリン
グすることで、買主様に説明が出来、興味を持って
もらうようにし、また売主様にも信頼を得られる様
にします。

【S様】
どこのマンションのどのシリーズがどうなっている
のか、どういう造りになっているのかを見ていきま
す。

【K様】
ルーフバルコニーの特徴も多く知れた上、デメリッ
トの部分もきちんと知れたので、自分が売りたいと
思う物件や仕入れの時にアピールや褒めたりできる
ようになります。

【O様】
ただお洒落だと感じていた設備が、実は避難経路の
確保だったり、プライバシーを守るものだったりし
たので、これからは実用的な使い方を伝えていきま
す。

【W様】
物件の登録や物確をする際に学んだ設備に関してや、
建物のスペックに関して、より意識をしていくこと
が大切だと思いました。まずは自分に落とし込んで
お客様に向けて発信します。

【K様】
バルコニーや見えにくい部分の共用部分の仕上げに
ついて、あまり意識していませんでした。
まだ水回りなどの設備についてグレードまで意識し
ていなかったので見方を変えます。

【I様】
お客様へのお勧めポイントを学べたので上手に使う
必要がある。知識披露のようにならない事が難しい。
如何にどのお客様にどこを推したらいいのかを見極
めて刺しに行くか定める。

【W様】
改めてマンションの仕様、設備の情報が大量にある。
これだけの事を理解し、全て伝える事ができれば強
みになる事を実感しております。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。