詳しい内容はこちら
お問い合わせ
ニュース

国交省:平成29年5月の住宅着工の動向

●平成29年5月の住宅着工戸数は78,481戸で、前年同月比で0.3%減となった。また、季節調整済年率換算値では99.8万戸(前月比0.6%減)となった。
●住宅着工の動向については、前年同月比で3か月ぶりの減少となっており、利用関係別にみると、前年同月比で持家、貸家は増、分譲住宅は減となった。

(持家)
前年同月比では2か月連続の増加(前年同月比1.5%増、季節調整値の前月比では2.9%増)。
(貸家)
前年同月比では19か月連続の増加(前年同月比1.6%増、季節調整値の前月比では0.7%増)。
(分譲住宅)
前年同月比では先月の増加から再びの減少(前年同月比3.9%減、季節調整値の前月比では5.7%減)。
・分譲マンション
前年同月比では先月の増加から再びの減少(前年同月比12.6%減)。
・分譲一戸建住宅
前年同月比では19か月連続の増加(前年同月比4.5%増)。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
平成29年5月の住宅着工の動向

実務研修開催報告

実務研修開催報告【熊本県某社様/売買営業研修】

6月28日、熊本県の某社様
売買営業研修を行いました。
(参加者18名様)

■売買営業研修(4回目)
①顧客のランク分けと効果的な追客
 ②案内物件選択のための下見
 ③案内誘導率を高めるセットアップ
 ④物件案内
 ⑤クロージング

【I様】
単に資料を渡し案内するだけでなく、クロージン
グの際に楽になる様どのような人か見極めなくて
はならないと感じた。

【Y様】
お問い合わせ時に具体的なアポイントがすぐ取れ
ず追客できていない方が多数いらっしゃいますの
でもう一度接触を行っていきます。

【M様】
プレゼンを行う、二者択一でyesを重ねていく
など成約率UPのポイントを改めて見直すことが
できました。

【U様】
買主様とより多くのコミュニケーションを取り、
希望、条件、ライフスタイルなどの情報を取得し
たうえで臨むことが大切だと気づきました。

【M様】
意識せず案内を行ってましたが、前向きな質問を
することでお客様も前に進みやすいのだと痛感し
ました。

【M様】
言葉の言い回しが大切だと感じました。講義で具
体的な会話のやりとりが学べてとても勉強になり
ました。

【I様】
クロージングのためにも案内のストーリーを作成
して、希望条件に優先順位を付け、ヒアリングを
行うことを意識します。

【S様】
主語はお客様で主人公はお客様であることを意識
していきます。

【A様】
案内の下見にはしっかり時間をかけ、希望の価格
を合わなくても諦めずに下見します。

【M様】
お客様に真剣に物件を見てもらうためにチェック
シートや比較表を作成します。

【S様】
成約受託一覧を作成しお客様の管理をし、接触や
案内等を無駄なく行うよう実践します。

【M様】
クローズクエスチョンをするとクロージングがし
易いと感じました。

皆様、本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

ニュース

国交省:不動産価格指数(平成29年3月・第1四半期分)

今回の公表分のポイントは以下のとおりです。

(1)不動産価格指数(住宅)
○2017年3月分の全国の住宅総合指数(2010年平均=100)は110.5、対前年同月比+2.6%の上昇。
○住宅地は同+1.8%の上昇、戸建住宅は同-0.4%の下落、マンションは同+6.4%の上昇。

(2)不動産価格指数(商業用不動産)
○2017年1ー3月分の全国の商業用不動産総合指数(2010年平均=100)は118.7、対前年同期比+2.7%の上昇となり、2012年  10-12月分より18期連続でのプラスとなった。
○建物付土地総合は127.0、対前年同期比+3.9%の上昇。この内訳を見ると、マンション・アパート(一棟)は同+8.0%の上昇。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
不動産価格指数(平成29年3月・第1四半期分)

実務研修開催報告

実務研修開催報告【熊本県某社様/管理職研修】

6月27日、熊本県の某社様
管理職研修を行いました。
(参加者7名様)

■管理職研修(4回目)
①不動産時事
 ②管理職のサプリメント(管理職の姿勢)

【N様】
売上は勿論、良い時も悪い時も数と率を今まで以
上に細かく確認して異常値に対して指示を出し指
導していきます。

【A様】
部下への指導がより、場当たり的ではなく筋を通
して指導できるようになったと思います。

【M様】
社内で不動産動向についてよむ習慣がありません
ので、最新の情報を掴むためにも習慣づけます。

【S様】
情報誌等を興味を持ってみることで、最新の市場
動向、法令や税制の変更点等、お客様やライバル
より先に情報をつかむことが大事だと思いました。

【S様】
今後銀行との付き合い方としては渉外部と接し、
物件の情報を日頃から持っていく事を意識し行動
します。

【K様】
マーケットの知識を持ち提案することで率も更に
上がると思います。ついで営業を実践し、物件を
知り数字を上げます。

皆様、本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

ニュース

国交省:全市区町村の2割超で「空家等対策計画」を策定

空家対策の推進に関する特別措置法(空家法)に基づく空家等対策計画は、法施行後2年弱で全市区町村の約21%となる357団体が策定し、さらに、今年度末には全市区町村の5割を超える見込です。また、平成28年度にスタートした空き家の発生を抑制するための3,000万円特別控除制度については、適用に必要な確認書の交付件数が1年間で4,477件に達したところです。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
全市区町村の2割超で、空家等対策計画を策定

実務研修開催報告

実務研修開催報告【某大手不動産会社様】

6月22日、某大手不動産会社様研修
売買営業研修を行いました。
 (参加人数19名)5日目

■①初回面談ロールプレイ研修(リテール営業)
 ②収益物件提案ロールプレイ研修(法人営業)

【M様】
復習ロールプレイでは、できていなかった会社
説明やアイスブレイクなどを大幅に改善するこ
とができ、自分の成長を感じられました。

【M様】
自信を客観的に見て、未熟だと感じた点ばかり
で、非常に勉強になりました。

【K様】
業者とのやりとりに慣れてしまうと、エンドの
お客様との接客時に上手くできないと思うので
今日学んだ事を忘れずに業務を行います。

【I様】
集める資料にはそもそもどんな事が書いてある
のか、そこからお客様にとってどんな情報を提
供できるかしっかり認識することが第一だと思
いました。

【M様】
聞くべきことは頭で整理して話せたのですが、
アイスブレイクを上手く入れながら進められな
かったように思います、先輩方の接客を参考に
します。

【T様】
実際に電話してからアポイントをとって物件を
紹介する流れを学んだので早く実践して実行で
きるようになりたいです。

【N様】
現場に出る前の貴重な体験型のロールプレイな
のでこの研修である程度の営業活動が出来るレ
ベルまで仕上げていきたい。

【O様】
研修を通して、自分の足りない点を客観視する
ことができました。

【Y様】
研修を通して建物の耐震制震、はりの位置など
仲介として最低限知っておくべき知識を再確認
できました。

【S様】
今回も住宅ローンの資金計画書で躓いてしまい
ました。もう少し知識を付けて抜け目ない営業
マンになります。

【K様】
間取り図によく出てくる略字や言葉の中で理解
できていない点についても勉強できました。

【S様】
他人とコミュニケーションを取る際、相手に興
味を持ち、踏み込んでいき、余裕を持って話を
することが出来るように少しずつでも自分を変
えていきます。

今回も長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

ニュース

国交省:家賃債務保証業者の登録制度に関する説明会の開催

平成29年4月26日に公布された「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」の改正に伴い創設する「家賃債務保証業者の登録制度」※に関する説明会を平成29年7月31日より全国3箇所において開催します。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
家賃債務保証業者の登録制度に関する説明会

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福島県某社様】

6月20日、福島県の不動産会社様
新入社員研修を行いました。
(参加人数1名)

■不動産業務フローと基本用語

【C様】
これから調査をするにあたって、注意すべき点
求められている点を理解、実践していくには、
まだまだ知識でしたり、経験が足りないなと思
うと同時に自分で知識を補充をしたり、同伴を
お願いしていく姿勢が改めて大切だと思いまし
た。

本日も研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いします。

1 2 3