詳しい内容はこちら
お問い合わせ
実務研修開催報告

実務研修開催報告【福岡県某ハウスメーカー様/2回目】

4月27日、福岡県の某ハウスメーカー様にて
建築、不動産営業実務研修を行いました。
(参加者25名様)

■建築・不動産営業実務研修(2回目)
①エリア知識を営業に役立てる
 ②購入顧客との初回面談
 ③資金計画の基礎知識
 ④資金計画演習

【M様】
ヒアリングの大切さ、自分で実際に足を運んでエ
リアを周る大切さを知ることができました。

【K様】
資金計画が本当に難しかった。一回躓くと分から
なくなってしまうので必死でした。知っていると
自分の力になるので理解したい。

【J様】
自分が分からない状況を経験できたので、お客様
はこんな気持ちになるのだと想像できました。も
っと自分で勉強してしっかり説明できるようにし
ます。

【H様】
森口様がお客様のためにどのようなことをしてき
たというような話も聞く事ができて有意義な時間
となりました。

【I様】
お客様との信頼関係を築く為には、話をしっかり
聞く事や日頃から有難うと思うなど当り前の事を
心掛けたり、お客様の質問に対し+αの仕事をす
ることが大事だと学べました。

【T様】
金利電卓の使い方がわからなくなってしまったの
でかえって復習をし、5月の研修で分かるように
しておきます。

【S様】
まだまだだと実感しました。特に変動金利、固定
金利の違いも説明できておらず、お客様に不安を
感じさせていたのかなと思いました。

【W様】
お客様との信頼関係の作り方、エリアや街を知る
ことでお客様が知らない情報を提供することなど
を学び、どこまでお客様の役に立てるかを追求す
る意味を学べました。

【M様】
お客様に対して、1歩踏み込んだ情報を話せる営
業マンでなければならないと強く感じました。
自分で現地確認・観察し自分にしか言えないこと
を話し提示できる営業になります。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福岡県某ハウスメーカー様/1回目】

4月26日、福岡県の某ハウスメーカー様にて
建築、不動産営業実務研修を行いました。
(参加者25名様)

■建築・不動産営業実務研修(1回目)
 ①住宅・不動産業に従事する人の心構え
 ②住宅営業の基本業務フロー
 ③住宅・不動産業務に必要な基本用語
 ④メール応対の基本とマナー

【N様】
不動産用語など基礎の勉強ができ、今後の業務で
役立つ内容だった。

【M様】
専門用語が多く難しかったです。2mの接道等、
用地部でよく使う知識もあり勉強になりました。

【S様】
自分が思っている以上にまだまだだと感じました
。不動産用語は特にそう感じており、内容が理解
できていないものもありました。

【T様】
瑕疵担保責任から契約不適合責任に変わるなど新
しい知識も覚えられてとても楽しかったです。

【H様】
ある程度は知識、経験がついてきたと思っていた
が、改めて勉強したことで自分はまだまだだと実
感した。

【I様】
基礎的な部分はこれから営業していく上で絶対必
要なことなので何年経っても忘れないようにした
い。

【W様】
メールのやりとり方法から、専門用語まで、不動
産に関する知識が増え大変勉強になりました。ま
だ理解できていない事もあるので持ち帰ってアウ
トプットします。

【N様】
不動産のプロとしてしっかり知識をつけ、自分の
言葉で説明できるよう取り組んでいきます。

【M様】
お客様や業者様に自信を以って関わっていけるよ
うに日々学び続けます。本日はより一層気を引き
締めて頑張っていこうと思いました。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

ニュース

国交省:建築着工統計調査報告(平成30年3月分)

◇住宅着工統計
3月の新設住宅着工は,持家、貸家及び分譲住宅が減少したため,全体で前年同月比8.3%の減少となった。
また,季節調整済年率換算値では前月比3.4%の減少となった。

◇建築物着工統計(民間非居住建築物)
前年同月と比較すると,事務所及び店舗は減少したが、工場及び倉庫が増加したため,全体で増加となった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
建築着工統計調査報告(平成30年3月分)

ニュース

国交省:建築着工統計調査報告(平成29年度分)

◇住宅着工統計
平成29年度の新設住宅着工戸数は,前年度と比較すると,全体で2.8%の減少となった。

◇建築物着工統計(民間非居住建築物)
前年度と比較すると,事務所及び店舗は減少したが,工場及び倉庫が増加したため,全体で増加となった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
建築着工統計調査報告(平成29年度分)

ニュース

国交省:土地取引動向調査(平成30年2月調査)の結果

○「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不活発である」)は、「東京」は前回調査(平成29年8月調査)に比べ4.1ポイントの増加、「大阪」は21.8ポイントの増加、「その他の地域」は8.0ポイント増加した。 
○「1年後の土地取引状況の予想」については、「東京」は8.3ポイントの増加、「大阪」は19.2ポイントの増加、「その他の地域」は5.9ポイント増加した。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
土地取引動向調査(平成30年2月調査)の結果

ニュース

■2018年 第3回「賃貸甲子園」最終ランキング発表!

2018年4月24日(火)第一ホテル東京におきまして、第3回賃貸甲子園の表彰式が開催されました。
今年は富山県A社のAY様が素晴らしい成績で「総合MVP」を受賞されました。
A様、おめでとうございました!
そして、今回もセールスコンテストを盛り上げてくださいました全国17社85店舗の皆様、有難うございました。
心より御礼を申し上げます。

各部門のベスト10のランキングと成績はこちらから。
 ↓↓↓
2018賃貸甲子園_最終ランキング(HP用)

実務研修開催報告

実務研修開催報告【新潟県某社様/新卒社員研修⑭】

4月24日、新潟県の不動産会社様の新卒社員研修を
行いました。(参加者2名様)

■新卒社員研修(14日目)
①現場研修内容の確認
②重要事項説明書の読解、説明のポイント

【O様】
重要事項説明書の読み方や説明する際のポイント、
理解しておくべきポイントを教えていただいた。
分かりやすく説明するためには、自分が内容をす
べて理解しておかないとならない。先輩が説明す
る際には注意して聞いておく。

【T様】
重要事項説明の中で、分からない言葉が出てきた
ので、しっかりと内容を理解できるよう引き続き
勉強します。内容を理解することは当然ですが、
説明時のいい回し、言葉遣いをイメージしながら
練習します。

引き続き学んでくださいね。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【某大手不動産会社様/1回目】

4月23日、都内の某大手不動産会社様にて売買営業
研修を行いました。(参加者78名様)

■売買営業実務研修
①不動産実務者に必要となる心構え
②購入営業と売却営業の基本フロー
③購入見込客との初回面談
④物件提案、案内誘導
⑤案内からクロージング
⑥先輩社員のパネルディスカッションから学ぶ

今期で17年目を迎える「新卒社員様の早期育成プロ
グラム」。
11月までの長期にわたる研修となりますが、どうぞ
よろしくお願い致します。

※本研修にはレポートはございません。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【大分県某社様/2回目】

4月17日、大分県の不動産会 社様にて売買営業
研修を行いました。(参加者3名様)

■売買営業実務研修
①不動産の業務フローと基本用語(後半)
②エリア知識の重要性
③先輩のロールプレイから学ぶ(売主様面談)

【I様】
研修を受けながら、お客様から質問されたときに
どのように答えるかをイメージしていました。
まだまだ自分では分かりやすく説明するための知
識が不足しています。引き続き学びます。
自分の営業エリアについては「オタク」と言われ
るくらい情報をたくわえます!

【T様】
前回よりも理解はできましたが、まだまだです。
復習します。
先輩のロープレを見て、現場のイメージがわきま
した。価格の根拠を説明する必要性、専任媒介契
約のメリットを説明する必要性が理解できました。

【S様】
学んできたこと、教えていただいたことが現場で
実行できているか不安に思いながらの毎日です。
今日は初めてロープレをさせていただき、少しは
学んできたことがアウトプットできていると感じ
ました。「天狗」にならないよう引き続き学び続
けます。

今回も長時間の研修を受講いただき有難うござい
ました。
次回もどうぞよろしくお願い致します。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【静岡県2社合同売買研修/1回目】

4月16日、静岡県にて2社合同の売買営業研修を行いました。
(参加者12名様)

■売買営業実務研修(1回目)
①不動産業務に携わる人の心構え
②お客様の気持ちと心理について考える
③不動産業務フローと基本用語解説

【S様】
心構えの話では「紹介」というキーワードが印象的でした。
2年目、3年目に紹介のお客様が増えるような仕事をしたい
と思いました。またお客様にはそれぞれ異なった価値観が
あり、だからこそ話を伺うことの必要性が理解できました。

【K様】
入社したばかりで何も分かりませんが、今日の研修で流れは
理解ができました。他の会社様と一緒なので緊張感をもって
受講できました。

【S様】
2年目になりますが、用語についてあやふやな部分が明確に
なりました。他の人との意見交換は視野が広がりよかったで
す。、

【K様】
売主様、買主様、業者。全ての目的は契約をすることである。
そのために自分が何をすべきか、どのような方向に導いてい
くのか考えながら今後学んでいきたい。

【S様】
入社後、上司に同席していた際に耳にした言葉の中で意味が
分からなかったものもある。それが本日理解できたのがよか
った。また私たちは仲介の立場でお客様と関わっていく。
「自分の価値観だけで不動産をとらえたらいけない」という
こと、「だからお客様のお話をしっかりと聞くことが大切」
ということが理解できた。

【M様】
右も左も分からない状態であったが、本日の研修でどのよう
な流れで仕事をしていくのか理解できた。そして自分がなに
を目標として仕事をしていくべきかがはっきりとしました。

【S様】
分かりやすい説明で、意識と意欲を持って受講することがで
きた。全員の意見や考え方を聞く機会があり、この業務に対
する視野が広がった。用語についてはまだまだなので引き続
き学んでいく。

【H様】
私たちの仕事は人間力で物件を仕入れてくるが、会社はその
ために、研修というカタチで投資をしてくれている。この機
会を無駄にしないよう、学び、そして現場で活用したい。

【K様】
部下の指導で使えることが見つかった。説明の仕方が参考に
なった。不動産の歴史・背景など参考になりました。

【O様】
新人研修に同席をさせていただきましたが、初めて聞くこと
も多く、参考になりました。

【F様】
新人に基本から伝えることの大切さを痛感しました。このよ
うな研修は会社としても初めての経験ですが、新卒以外の社
員にとっても参考になっています。

全10回の研修です。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。

1 2 3 4