詳しい内容はこちら
お問い合わせ
実務研修開催報告

実務研修開催報告【福岡県某ハウスメーカー様/6回目】

3月28日、福岡県の某社様
建築、不動産営業実務研修を行いました。
(参加者16名様)

■建築・不動産営業実務研修(6回目)
①家相・風水
 ②断熱
 ③建築部資材
 ④省エネ設備
 ⑤シロアリ
 ⑥品確法の知識など

【M様】
この二日間で改めて住宅営業の難しさ、奥深さを
実感しました。お客様にきちんとお答えできるよ
うにしっかり準備をします。

【H様】
ロールプレイを通して、今身につけた知識を自分
の言葉にして伝える難しさと言い方によって伝わ
り方が全然違うことを学びました。

【K様】
わかっていたつもりの内容も、その原理から解説
して頂き、よりお客様への納得に繋げられると思
います。

【O様】
ロールプレイで満足いく接客が出来なかったので
自分で納得がいくまで練習します。

【T様】
様々なお客様を対応し、私も顧客満足度を上げて
一人一人大切に対応をしていきます。

【S様】
研修は説明して頂く度にショーとロープレを挟む
ことによって、自分の言葉で覚えることができま
した。

【Y様】
知っているけど言わない、知らないから言えない
はとても差があると思います。どんなことにも疑
問を抱き、理解するよう努力します。

【K様】
知識を持つことで、お客様の満足度が向上するの
であれば使わない手はないなと思いました。

【K様】
断熱について聞かれると、まず自社製品について
方ってしまうので、まず「断熱」についてから話
お客様から自社製品を聞かれてから答えようと思
います。

【F様】
お客様が求めている情報を押し売り感を出すこと
なく伝え、そこから自社の強みを伝えられるよう
にします。

【S様】
自分ができることをすれば相手に必ず伝わると思
います。それが知識であれ相手に安心、納得して
頂ければ良い印象に残ると思います。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福岡県某ハウスメーカー様/5回目】

3月27日、福岡県の某社様
建築、不動産営業実務研修を行いました。
(参加者16名様)

■建築・不動産営業実務研修(5回目)
 ①建築基準法
 ②各工法の知識
 ③耐震性、耐火性、耐久性
 ④シックハウス
 ⑤結露原因と対策法など

【K様】
お客様からの質問されたことに返答できるように
なり、自信を持って接客することで契約に繋げら
れるように頑張ります。

【M様】
昔の決まりごとから、今の住宅の基準を見ていく
事によって自分自身の理解が深まったと思います。

【T様】
自社の構造体に関することなども、表面上では、
知っていることでもその歴史や具体的なことも勉
強が改めて必要だと感じた。

【K様】
知識を付けることによって、お客様の不安に根拠
の有る説明が出来るようになるので、一人でロー
プレをして説明上手になります。

【W様】
住宅営業に入り、勉強してきた事の復習のつもり
でしたが、詳しい内容まで把握していなかったの
で大変勉強になりました。

【H様】
自分たちの製品は勉強してきましたが、家自体の
勉強や他社の工法等はしてこなかったので、勉強
になりました。

【Y様】
営業目線の話方等も教えてくださり、先生の教え
方がとても分かり易く、良い研修でした。

【O様】
知識を増やすことでお客様からの信頼を得ること
が出来るとより一層感じました。もっと学びたい
と思うことができました。

【T様】
お客様からの質問に返答できなかった内容があっ
たので今後は自信を持って理論を説明できます。

【S様】
年齢、経験は追いつけませんが、知識は努力で追
いつけます。まずは今日学んだことを吸収します。

【K様】
先生の話は面白く、現実味があり、実際の接客で
使える言い回しも聞く事ができ大変満足できまし
た。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

ニュース

国交省:不動産価格指数(平成28年12月・第4四半期分)

(1)不動産価格指数(住宅)
○2016年12月分の全国の住宅総合指数(2010年平均=100)は106.3、対前年同月比+1.7%の上昇。
○住宅地は同+0.1%の上昇、戸建住宅は同+0.2%の上昇、マンションは同+3.4%の上昇。

(2)不動産価格指数(商業用不動産)
○2016年10ー12月分の全国の商業用不動産総合指数(2010年平均=100)は113.9、対前年同期比+2.0%の上昇となり、2012年10-12月分より17期連続でのプラスとなった。
○2016年分の東京都の商業用不動産総合指数は133.0、対前年比+9.3%の上昇。愛知県の商業用不動産総合指数は110.9、同+5.3%の上昇。大阪府の商業用不動産総合指数は115.7、同+5.0%の上昇。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
不動産価格指数(平成28年12月・第4四半期分)

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福島県某社様/2日目】

3月28日、福島県の不動産会社様研修
内定者研修を行いました。
(参加者9名様)

■①不動産業務の基本フローと基本用語
 ②購入ガイド、売却ガイドについて学ぶ
 
【W様】
学ぶことが沢山あるので、家での学習も大切な
ことだと改めて感じました。

【T様】
聞いたことのある用語でも意味を理解していな
いものもありました。解説により少しずつです
が理解できるようになってきました。

【M様】
初めて目にする言葉も多かったのですが、不動
産用語のお陰で理解し想像することができまし
た。

【S様】
お客様に資料をお見せした時に質問されて答え
られないと信頼を失くすと思うので、このよう
な貴重な場は大切だと感じました。

【S様】
自分で文面だけを負っていくのと違い、実例な
どを交えつつお話しいただけて分かり易かった
です。

【H様】
普段聞きなれない単語も多く覚えられるか不安
もありますが、今回頂いた資料やメモを見直し
て役立てていきます。

【K様】
土地の見方や情報は直接お客様にお話しする営
業は勿論ですが、ネットやチラシ作成する上で
とても重要だと勉強になりました。

【T様】
法律や規則について、根拠を示して、背景を説
明して下さったので非常に分かり易く興味を持
ちながら聞く事ができました。

【K様】
アルバイトで入った際にその場で説明を受けて
もわからないことが、今日の用語説明で色々合
点がいくものがあり聞いていて面白かったです。

本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【福島県某社様/1日目】

3月27日、福島県の不動産会社様研修
内定者研修を行いました。
(参加者9名様)

■①会社とは、社会人とは
 (学生と学校との違い)
 ②不動産業界について
 
【W様】
全く不動産業の事がわからない状態だったので
歴史にあわせて法律を絡ませながら話してくだ
さり有難うございます。

【T様】
会社は何をするところなのか、その中で求めら
れるものやルール、法律など少しではあります
が理解できたと確信しています。

【M様】
同期になる方と自分の価値観の違いにも気付き
様々な考えを聞く事ができてよかったです。

【S様】
自分の失敗をもみ消そうとしてしまう頭がまだ
あるので、すぐに報告して早急に解決してもら
うようにします。

【S様】
不動産業のこれまでの歩みや、今後のマーケッ
トがどのようになっていくかなど大変わかりや
すかったです。

【H様】
社会人としての心構えから、不動産業の仕組み
など入社するまでに知っておきたいけど学校で
は教えてもらえないことが学べて良かったです。

【K様】
不動産業を全く知らない身でしたが、これから
入社する会社がどんな仕事をして、どう稼いで
いるのかが多少理解できました。

【T様】
何も知らずに入社を決めたので、不安で仕方あ
りませんでしたが、今回の研修で不動産業を楽
しく学ぶことができました。

【K様】
完璧に理解したとは言えませんが、不動産会社
につとめる第一歩を踏み出せた気がします。

本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願い

実務研修開催報告

実務研修開催報告【栃木県某社様/2日目】

3月28日、福島県の不動産会社様研修
内定者研修を行いました。
(参加者3名様)

■①不動産業務の基本フローと基本用語
 ②購入ガイド、売却ガイドについて学ぶ
 
【K様】
売買専門の業務なので賃貸は関係ないと思って
いましたが、賃貸の良し悪しを説明した上で売
買の良い所を話お客様に納得していただくこと
がお客様のためになるなと思いました。

【H様】
社会人になり自分の自由時間の使い方が一番大
切だと感じました。自己成長、会社の成長、お
客様のために繋がるように使い方を考えます。

【B様】
この研修で得た知識をこれからの営業で活かす
ことで、家を購入していただけるお客様や売っ
てくださるお客様に役立てていきます。

本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【栃木県某社様/1日目】

3月27日、福島県の不動産会社様研修
内定者研修を行いました。
(参加者3名様)

■①会社とは、社会人とは
 (学生と学校との違い)
 ②不動産業界について
 
【H様】
社会人になると多くの方々に影響を与え、また
影響を受けることから、自分の行動がいかに大
切か学ぶ事ができました。

【K様】
これから先不動産業界は追い風であると聞き、
私を採用してくださった会社に沢山貢献できる
ようになりたいと思いました。

【B様】
色々な事を学び責任を負っていかなければなら
ないと思うと不安がありますが、事前に研修が
あると頑張れます。

本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

ニュース

国交省:平成29年の地価公示

3月22日に、平成29年の地価(1月1日時点)が公示されました。
全国平均では全用途平均及び商業地の地価の変動率は2年連続の上昇となり、住宅地の地価は9年ぶりに下落を脱して横ばいに転じました。
東京・大阪・名古屋の三大都市圏については、住宅地の地価はほぼ前年並みの小幅な上昇を示し、商業地の地価は上昇基調を強めています。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
平成29年の地価公示

実務研修開催報告

実務研修開催報告【熊本県某社様/営業社員研修】

3月17日、熊本県の某社様
売買営業研修を行いました。
(参加者13名様)

■売買営業研修(1回目)
①売買仲介営業のスキルチェック
 ②不動産という商品とお客様の気持ちについて考える
 ③営業に必要なエリア知識
 ④売買仲介の本質「当り前を当り前に」

【T様】
営業にとっては当たり前になっている事でもお客
様にとっては非日常である事、お客様の悩みをよ
り深く聞く事が大切だと感じました。

【Y様】
お客様がどのような事を考えているのか、案内、
書面、クロージング、電話対応等様々な立場で、
じっくり考える癖をつけます。

【M様】
お客様の不安や懸念などを取り除くために普段か
ら事前準備と、接触する前に一旦考えてから営業
に取り組むことが大事だと気づきました。

【M様】
おひとりおひとりの生活を考えた提案を行うため
に、事前の準備により力を入れていきます。

【M様】
お客様をご案内した際は、必ずクロージングを行
い、お客様と話時間を増やしていきます。

【M様】
お客様へのヒアリング不足が一番の原因でした。
基本的なことを再度確認することができました。

【H様】
売主様、買主様それぞれに使える話方を学ぶこと
ができましたので、査定や初回面談の際には、使
用します。

【S様】
お客様の目的は家を買うことではなく、家を買っ
て家族が幸せになることや、その先のイメージを
持ってもらることを心掛け、会社と自分の利益も
達成します。

【U様】
お客様が来て当り前ではなく、私が仕事をするた
めにはお客様がいなければ何もできないというこ
とを改めて認識することができました。

【I様】
お客様と私のイメージを合わせていく為にも、理
由、動機を伺い、更に本当の理由をお伺いし、何
故賃貸では駄目なのかなど他の選択肢を潰して分
かり易いように誘導します。

【I様】
近隣事例や問合せの比率や広告費などをプレゼン
ブックに落とし込む事で他社との差別化にもつな
がると感じました。

【S様】
査定は1回勝負。これまで次にお会いした時に受
託しようという考えでした。次は必ず受託すると
いう心構えで準備を行い査定にいきます。

【M様】
営業の上辺部部しか見ていなかったと痛感しまし
た。現実的な数字をもってお伝えすることの大切
さなど身に沁みて分かりました。

皆様、本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【熊本県某社様/管理職研修】

3月16日、熊本県の某社様
管理職研修を行いました。
(参加者8名様)

■管理職研修(1回目)
①オリエンテーション
 ②売買物件の管理職とは
 ③上記②についての意見交換
 ④次回に向けての課題

【E様】
縁があって同じチームになったのだから良い思い
を、と聞いてそうだなと感じました。自分一人で
達成できない目標や達成感を体験できるようにし
ます。

【A様】
部下を指導、指示する際に「原理原則」を共有す
る事で動き、成果が変わるというお話を聞き、と
ても勉強になりました。

【N様】
管理職という仕事は選ばれた人のみが出来る仕事
だと思います。このチャンスを活かして部下も会
社も自分も成長させる存在になっていきます。

【S様】
売買仲介業務における管理職の役割という講習を
受けさせて頂き、人により価値観の違いを実感で
きました。

【S様】
色々なタイプの部下がいて、今までは自分の営業
している目線で判断したり、指示したりしていた
が、その人にあった指導を心掛けます。
【N様】
自分の考えを伝える前に部下に考えさせる質問を
行ない、行動するように促す、そして結果を出す
ようなマネジメントが必要だと感じました。

皆様、本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。

1 2 3