詳しい内容はこちら
お問い合わせ
実務研修開催報告

オンライン実務研修報告【静岡県某社様_売買営業研修①】

4月28日、静岡県の不動産会社様にてオンラインでの
研修を開催しました。(参加人数7名)

■売買営業研修(1回目)
 ①不動産実務者の心構え
 ②不動産の特性と顧客心理を考える
 ②不動産基本用語

【S様】
実務と照らし合わせる事で、理解度は深まると思い
ますし、より日常の業務に活かす事が出来ると思っ
ています。

【F様】
お客様の気持ちや営業としての心構えを学んだが、1
年目に失敗したことの理由を改めて理解出来た。来期
からは、今期の失敗を糧に成長していきたい。

【F様】
この業界で働く上で最も大切な事を改めて考えさせて
いただきました。7人の研修だったので様々な意見を
聞く事ができ、自分では気付く事が出来なかった事も
ありとても勉強になりました。

【H様】
専門知識の他に、自社の基本情報や経済指標なども学
習し、これからに活かせるようにしたいと思いました。
理解できていない部分は調べて繰り返し覚える努力を
します。

【K様】
自分の意見の他にいろいろな意見が聞け、良い刺激に
なった。不動産というものがどういったイメージで性
質があるかなど知ることができた。

【K様】
私たちが中途半端な気持ちで仕事をしているとお客様
を一生後悔させてしまうかもしれない、知識と責任感
を特に持って仕事に取り組みたいと思います。

【S様】
お客様がどんな期待を持っていて、逆に何を不安に思
っているか聞きだすことや矛盾している要望について
優先順位を明確にすることが大事だと分かりました。

皆様本日長時間はお疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

ニュース

国交省:既存住宅販売量指数を初公表(試験運用)

国土交通省は、公表中の不動産価格指数(住宅・商業用不動産)に加え、新たなマクロ指標として既存住宅販売量指数を初めて公表。
当指数は、登記データを基に個人が購入した既存住宅の移転登記量を加工・指数化したものであり、試験運用として今後毎月下旬に公表を行っていく予定。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
既存住宅販売量指数を初公表(試験運用)

実務研修開催報告

オンライン実務研修報告【福岡県某社様/マインドセット研修】

4月25日、福岡県某社様にて、オンラインで新人
社員実務研修を行いました。
(参加人数5名)

■マインドセット研修
 ①会社、社会人とは(学校・学生との違い)
 ②不動産業界とは(業態と収益構造ほか)
 ③不動産実務者の心構え
 ④不動産という商品と顧客心理を考える

【N様】
お客様の心理など実務に直結することを学べまし
た。現場に活かせる様、自分を高め努力していき
たいと思います。知識が多いとお客様の会話も増
え選ばれると聞きましたので積極的に知識を取り
込みます。

【O様】
社会人になるための気持ち造りがしっかりとでき
たと思います。研修だけではカバーしきれないず
疑問にぶつかる機会も増えると思いますが前向き
に社会人を頑張れそうです。

【K様】
営業する際に武器になる自分だけの強みを持たな
ければならない。仕事を理解して自分の強みと紐
づけた営業をスタイルを作りたいです。

【U様】
売主様と買主様の希望条件は真逆だと常に頭に置
いておきます。お客様の希望条件を捉えつつオー
ナー様と折り合いがつくような言い回しが出来る
ようになりたいです。

【Y様】
業務を行う上で、仕事のスピードを少しずつ上げ
ていきたい。逆算をして作業や行動の計画を立て
効率を上げていこうと思います。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。

ニュース

■ゴールデンウィーク休業のお知らせ

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

ゴールデンウィーク休暇期間
2020年5月2日(土)~5月6日(水)

※休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、5月7日より順次ご対応させていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

実務研修開催報告

オンライン実務研修報告【某大手不動産会社様/新卒研修③】

4月16日、某大手不動産会社様にて、オンライン
での新人社員実務研修を行いました。
(参加人数16名)

■新卒研修(3日目)
 ①資金計画の基礎知識
 ②資金計画演習
 ③復習(購入見込客との初回面談)
 ④ビジネスコミュニケーション
 ⑤ロールプレイに向けての準備

【T様】
今まで資金画ソ計フトがあったので、手計算の
仕方は教わらずに仕事をしてきましたが、やは
り計算内容を分かった上で説明ができるように
ならないといけないなと思いました。時間を見
つけ勉強を続けます。

【K様】
お客様のマイナスな発言をプラスに変えていく
リフレーミング難しく感じました。悪い見本を
聞いたときに、自分に当てはまってしまいそう
だなと感じました。特に強く意識していきます。

【T様】
資金計画がとても難しかったです。現場で出来
るか不安が残りました。完璧に出来るまで復習
します。学んで終わりではなく活用できるよう
にします。

【T様】
資金計画に不安を持ってます。お客様を相手に
して資金計画を行う際は絶対に答えが違ってい
てはいけないので、それまでに練習問題を繰り
返し解いて慣れていきたいです。

【M様】
資金計画の計算方法にまだ慣れず、例を見なが
らでないとスムーズに計算できなかったので、
お客様の前に出るまでにすらすら何も見ずに計
算できるように復習します。

【S様】
ローン計算に苦労しました。一通りできたもの
の計算に時間がかかってしまいました。また不
動産には多額の費用がかかるので重大な責任だ
と改めて実感しました。

【Y様】
改めて、コミュニケーションの意義やコツを確
認できました。話す内容以上に視覚情報で判断
することから、外見や態度等に今後より気を付
けていきます。

【O様】
マイナスからプラスへの変換術がスムーズに頭
の中で変換ができないので、常に人と会話する
ときにマイナス発言を聞いてどうプラスに返せ
ばいいのかを考え、少しでも対策し成長したい
と思いました。

【K様】
資金計画の計算を復習し実際の現場でも実践で
きるようにします。また、住宅ローンの種類も
金融機関によって違うため、お客様にどのプラ
ンが最適なのかも把握することも重要だという
ことが分かりました。

【A様】
資金計画が非常に難しいです。ボーナス併用や
年収を出すための逆算など時間がかかりました。
必ず必要となる知識なので、しっかりとトレー
ニングを重ねて身に付けます。

【A様】
顧客との信頼関係は、一方的に話すのではなく
双方向のコミュニケーションで成り立つ。コミ
ュニケーションに聞くことは欠かせない事も良
くわかりました。

【Y様】
お客様に無理のない返済をしていただくために
はローンの仕組みを理解する事、あらゆる状況
を設定し計算ができる必要があると感じました。
しっかりと復習して柔軟に対応し計算ができる
ようにします。

【K様】
資料作成や物件の下見など、事前に準備できる
ことに全力で取り組むことによって、当日の不
安を消し、自信をもってお客様に物件を紹介す
ることができるようになるものだと感じました。

【S様】
計算に時間がかかってしまうのですぐに計算で
きるように慣れようと思います。資金計画は物
件を選ぶ上でとても大切な基準になるので、お
客様に最適な物件を見つけるためにも金融知識
を身に着けます。

本日は長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

実務研修開催報告

オンライン実務研修報告【某大手不動産会社様/新卒研修②】

4月15日、某大手不動産会社様にて、オンライン
での新人社員実務研修を行いました。
(参加人数16名)

■新卒研修(2日目)
 ①顧客のランク分けと追客営業
 ②案内物件選択のための物件下見
 ③セットアップ:案内誘導と案内前準備
 ④物件への案内
 ⑤クロージング

【T様】
研修内容を聞きながら、自分の接客ではどこが
できていてどこが足りていないのか、という視
点で聞いています。貴重な業務時間を使って、
研修を受けさせていただいているので自分の営
業をさらに磨く時間にできたらなと思います。

【K様】
建物知識はそこまでこの仕事では生かせないと
勝手に思っていましたが、「物件知識のある営
業=営業力のある営業」と聞いて今まで学んだ
ことが自分への強みになるのだと知り、自分な
りの観点から案内したいと思いました。

【T様】
私は今までお客様が黙ってしまうことは悪い合
図だと思っていたのですが、逆に興味を持った
ことを表すのだと知って驚きました。一度会社
に戻ってお客様と相談するなどの対応をすべき
なのだと気づくことができました。

【T様】
物件知識を養うという点でも不動産の資格を取
得していきたいと思った。そして実務に役立て
ていきたい。

【O様】
一番面白いと感じたのは、クロージングのシグ
ナルの点でした。急にお客様が黙り込んだり、
質問が増えたりするのは、お客様が良い印象を
持っている合図であり、これは見落としてはい
けないと感じました。

【O様】
物件を紹介する際に似たような物件を提示する
とお客様を悩ませてしまう為、比較できる物件
を見せる必要があり、比較対象ニーズに沿った
ものを提示する必要があると感じました。

【M様】
住宅の構造についても、自宅はどんなものを使
っているのか聞いて調べてみながら復習してい
くのも面白いなと思うので実践します。

【S様】
当日の物件案内にむけて、想像よりも多くの準
備が必要になってくるとも感じた。今は何をや
らなければならないかを考えられるようになり
クロージングに結び付けたい。

【Y様】
お客様の心象を意識した、各営業活動に工夫が
大変勉強になりました。体得するために、早く
アウトプットの機会がほしいと思いました。

【A様】
案内目的はクロージングを行う事。常に頭に置
いて行動出来ると思います。物件の長所を話す
時はお客様を主語に変えると生活イメージがし
易いと感じました。

【Y様】
物件に対する法律関係、専門用語等の知識がま
だまだ不足していると感じたため、これから勉
強し、自信をもってお客様に情報を提供できる
ようにならなければいけないと感じました。

【A様】
多くの物件を下見することにより、お客様の希
望に合わなくても、今後のお客様との接客に役
立つ、物件知識を増やすことで、営業力が身に
つくことが良くわかりました。

【Y様】
物件をどのようにみてお客様に提示することが
有効なのか、お客様が欲しがるポイントな何か
等、具体例を多く出して説明ていただいたこと
でイメージをしながら学ぶことができた。

【K様】
マンションの詳しい構造や、良いマンションの
定義などを知れて、とても参考になりました。
また、お客様との具体的な接し方を、ご経験を
交えて話していただけたのでイメージしやすか
ったです。

【K様】
建物の構造を把握し理解することで当日お客様
をスムーズにご案内できるようにすることが、
成功率も高まるため、建物の構造なども勉強し
ていきたいと感じました。

【S様】
ご希望の物件を探す際に、物件の間取りや外観
だけでなく周辺環境、建物の構造、売主様のこ
だわりなど、見たいと思っていただけるような
訴求ポイントを調査することが大変そうだと感
じました。エリアの相場等調べて身に付けます。

本日は長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

実務研修開催報告

オンライン実務研修報告【某大手不動産会社様/新卒研修①】

4月13日、某大手不動産会社様にて、オンライン
での新人社員実務研修を行いました。
(参加人数16名)

■新卒研修(1日目)
 ①不動産という商品特性と顧客の心理
 ②エリア知識と商品知識の重要性
 ③反響対応
 ④購入見込客との初回面談

【T様】
反響メールはビジネス文書に則った文を送れば
良いのでなく、お客様が読みたくなるようメー
ルを作成することが大切だと感じました。その
技術を先輩のメールから学ぼうと思います。

【O様】
不動産売買購入に関して知識をお持ちでないお
客様に、プロの私たちが誠実に向き合う必要が
あると感じました。時には、矛盾した要望をお
っしゃるお客様もいらっしゃいますが、その際
にはプロとしてのアドバイス、断りをしなけれ
ばならないと気付くことができました。

【Y様】
不動産営業にとって大切な資質を大変よく理解
できました。営業という点において大きな差異
はないと思うのですが、法人のお客様相手なら
ではの大切な意識を教えていただければと思い
ます。

【A様】
ついに本格的に不動産営業の実務が始まったと
感じる研修でした。お客様応対の具体的な内容
も学べたのでとても参考になりました。

【T様】
今まで疑問であったことなどが解消された。話
を聞き理解しても実際に活用できないため、今
後少しずつ実践していくなかで修正し活躍して
いきたいと思った。

【A様】
お客様に対して質問する場合は、はい、いいえ
の二択で答えられるような質問をする。その方
がお客様も返事がしやすいし、こちらとしても
アポを取りやすいことが分かりました。

【K様】
街を知ることが、仕事をしていくうえでとても
重要になってくることがわかりました。
休日や空いた時間などは、積極的に街を散策し、
街について何をきかれても答えられるようにし
ていきます。

【T様】
今一度、お客様目線に立ってお客様はどんな目
的で、どんな気持ちをもって相談してくるのか
ということを考えることができてよかった。

【K様】
どの場面でもコミュニケーション能力が問われ、
うまくコミュニケーションしながらスムーズに
信頼と情報を勝ち取っていくことの難しさを実
感しました。上司の方々を見て聞いて学んでい
きたいと思います。

【O様】
実際にお客様と会われた時の心構えや、接し方、
コミュニケーションの取り方のイメージがする
ことができました。自分たちで考える時間もあ
ったので、様々意見や考えも聞くことができ勉
強になりました。

【M様】
実務に関する部分ではほぼ何も分からないに等
しかったので、現場に出る前に概要を把握出来
て良かった。教わったことも現場に出て焦って
抜けてしまわないように出来るだけ頭に入れて
おきたい。

【S様】
実務にもとづいた話が多かったので非常にイメ
ージがしやすかった。相手に良い印象を与える
ことの重要さを身をもって理解をできた。

【K様】
物件までのアクセスや周辺環境の生活施設調査、
学校や教育関連施設の調査、病院や険悪施設、
公園の調査など買主様に沿ったご案内ができる
ようにこれからこのような知識も増やしていき
たいと感じた。

【Y様】
どのようにして周辺知識を付けたらよいのかと
いう点で不安に思っていましたが、自分の足で
現地に行き自分の目で確かめること、営業ツー
ル等駆使してお客様が知りたいと感じる項目を
先回りしてつかんでいくことを学べました。

【S様】
エリアについての知識を豊富に持っていればい
るほど、お客様の希望条件に合ったご提案がで
きますし、お客様に暮らしのイメージを提供す
ることができると思いました。

本日は長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。

実務研修開催報告

実務研修開催報告【某大手電鉄系不動産会社様/売買営業研修】

4月14日、某大手電鉄系不動産会社様にて、賃貸
部から売買部へ異動された方を対象とした研修を
開催しました(参加者2名様)

■購入顧客への対応力強化研修
 ①購入顧客への初回面談
 ②資金計画基礎と演習
 ③ロールプレイ:購入見込客との初回面談

【K様】
資金計画では理屈が分かっていないと計算でき
ないことを身に染みて感じました。
ロールプレイは知識不足が随所に見られ、これ
からしっかりと知識を習得しなければならない
と感じました。

【S様】
これから身に付けるべき知識や具体的に持って
おくと良い営業ツールが分かったため、何をす
れば成長できるのか方向性ができました。顧客
心理を良く理解し、お客様に喜ばれる営業にな
れるよう努力します。

長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
新天地でのご活躍を心よりお祈りしております。

1 2 3