詳しい内容はこちら
お問い合わせ

6月7日、鳥取県の不動産会社様にて売買仲介
実務研修を開催いたしました。
(参加者13名様) 

■売買仲介実務研修(6回目)
 ①中古マンションの価格査定
 ②売却見込客との初回面談
 ③価格査定報告書のプレゼンテーション

 
【I様】
値下げ交渉を前提とした売主様との信頼関係の
構築が大切な事等、一歩踏み込んだ営業の仕方
腰のひけない営業をする為にはデータが重要だ
と思いました。

【S様】
常に他社と比較される事を意識し、売主に選ん
で頂けるようなプレゼンを意識します。

【T様】
お客様もこちらを査定している。アグレッシブ
に動き、売主と二人三脚で売却活動をします。

【A様】
査定の際、売主様の心をいかに掴むか。飾って
ある絵や置物等、アンテナをはり、売主様との
物件以外での会話ができる様にする。

【M様】
受託がしたいが為に最初に甘い査定をしてしま
うと後に修正が必要になり自身の首を絞める事
になる。今後を見越して、初めから布石を打っ
ておく事の大切さを感じました。

【N様】
選んでいただけるように事前準備、身だしなみ
等日々意識して対応する。

【M様】
お客様との信頼関係の構築に注力すること。強
い信頼関係を構築する為のエビデンス、知識の
向上を常に心がけます。

【S様】
売主様の気持ちをきちんと汲んであげる事が大
事だと思います。

【T様】
ただ商品として物件を捉えるのではなく、売主
の感情に寄り添って対応を工夫していく事。そ
うるすことで他社との差別化+信頼を得ること
を意識していく。

【K様】
オーナーさんに自分を選んでいただき、この担
当で良かったと言っていただけるよう知識と経
験を身に着けないといけないと感じました。

【K様】
根拠をそろえる事が大切だと思います。先々の
事を考え、そなえることで説得力のある信頼感
のある人になれると再確認しました。

【N様】
賃貸でも管理を任せてもらえるかという所が似
ており、同じように所有者から大事な資産を預
かるので勉強になった。

【U様】
売主に対しては積極的に、買主に対してはがっ
つかない、この姿勢を意識します。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。