詳しい内容はこちら
お問い合わせ

正しく重要事項説明書を作成するために必要な物件調査のポイントを解説します。
物件調査能力が身につくことで、不動産の見方が変わるので買主様への提案能力が上がる、またはリスクのある物件に気づけるようになることを目的としています。

  1. 現地調査
  2. 売主調査(売主ヒアリング)
  3. 法務局調査
  4. 役所調査
  5. ライフライン調査
  6. 区分所有建物の調査


必要な日数

1日(6時間)から2日間(12時間)

※ 研修日数(時間数)により、説明内容が異なります。


最低実施人数

10名様から

※10名以下での開催を希望される場合はご相談ください。