詳しい内容はこちら
お問い合わせ

売買仲介の初級管理職・営業担当者を対象としたセミナーです。

日本の世帯の4家族に1家族は、マンションに住む時代となりました。大都市圏だけでなく、地方の中核都市でも人気があり、新築マンションの売行きは好調です。

その分、今後既存マンションを皆さんが仲介することがますます多くなることでしょう。また一戸建てに比べて、AI査定等が有効な面もあり、既存マンションは大手仲介会社に有利に展開すると思われます。そういった中で、エリア住民からマンションのプロフェッショナルとして認められる“あなたとなるため”に、お客様が気付かない有益なアドバイスができるようになり、生産性を向上することが目的です。

  1. 一戸建てとマンション:それぞれのメリットとデメリットを理解する
  2. ファミリー住宅
    ①住宅の広さの基本“畳&6畳間”を理解する
    ②居室=L+D+K+トイレ+浴室・洗面所+居室+α
    ③壁心面積と内法面積、二重床・二重天井に留意する
  3. マンション=区分所有建物とは
    ①既存マンションのチェック事項                  
    ②シニア層「郊外一戸建て⇒駅前マンション」へ住み替えは永遠に続く
    ③資産としてのマンションの留意点

必要な日数

半日(2時間)


最低実施人数

10名様から

※10名以下での開催を希望される場合はご相談ください。